FC2ブログ

漂流ブログ

「時間停止(タイムストップ)」を題材とした 小説・イラスト・漫画・ゲーム等の創作物に関する ブログ。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力及ばず

拙作「時の箱庭」につきましては、ハードディスク破損による体制の立て直しが進まず、エンディング部分だけつくってまとめるつもりでしたが、当初2016年中に作業を終わらせるとの予定も遅れ、2017年1月末を迎える現在も、まるで進捗していない状況です。

想定される作業量的には、まったくたいしたものではありません。
・ラスボスといってもよい「骸魔龍」なる龍が登場し、主人公・ライアットに魔将の龍騎士になることを持ちかける。
・「仲間になる」「誘いを無視する」「戦いを挑む」のいずれかの選択を行う
・選択の結果によってそれぞれエンディングを迎える(戦って負けた場合はゲームオーバー)

というもので、面倒な着せ替えセッティング作業にくらべれば、さほど苦労せず終わるものと当初は考えてました。

しかしながら、まったく作業が進まない。これは、純粋に精神的な問題、というかやる気の問題です。
もはや完全に気持ちが切れてしまっているのか、不義理を重ねていると自覚しながら、作業が手に付かない日々です。

もっともらしい言い訳をするなら「ストップファンタジー」をプレイしたあとだと、単調なごり押ししかできないXPの仕様でラスボス戦をつくるのがつまらないなあ、という気持ちになった、というのもありますが。まあ、今更過ぎる話で。

長々と書き連ねてきましたが、このままお待ちいただいてもたいした内容になりそうもありません(時間停止に関する新ネタが入るわけでもないし)。
ですので、誠に勝手ではありますが、「エンディング」を作るという作業そのものを見送り、更新を終了させていただきたいと思います。
お待ちいただいた方には、力及ばず大変申し訳ありません。

音信不通のままエターナル化することだけはするまい、と思い続けていましたが、気持ちが切れてしまうと、そういう状況になる人を決して一方的に責める気持ちにはなれないな、というのが今の率直な心境です。

この後の活動ですが。
ゲームの次回作とかのアイデアはぜんぜんないのですが、とりあえず絵の練習をやり直したいという気持ちはあります。
「いま絵柄が変わったら、初期の立ち絵とあわなくなる」、とか自分に言い訳をして、レベル向上に努めてこなかった反省がありますので。

ただ、どれほど微妙な自作絵であっても、「こんな絵なら立ち絵キットの類や3Dモデルでポーズを作ったほうがいい」という批判のされ方だけはしなかった、と振り返ってみて改めて思います。それほど自作絵というだけで需要があります。

いまとなっては劇的な向上は期待できませんが、もう一段階ぐらいなんとかなるんじゃないか、という楽観的な気持ちもあります。
サムネをみるとなかなかいけてそうに見える絵もあるんですよね。本来のサイズにしてしまうとがっかりするわけですが。
その錯覚が、微妙なところでつかめてない何かがまだ残ってるんじゃないか、と自分に期待してしまう理由の一つでもあります。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

「ストップファンタジー」を語りたい

年末に公開されたルツックさんの新作RPG「ストップファンタジー」は、既にいくつかの時間停止系サイトでも紹介されていますが、わたしもプレイして大変面白かったので記事にしたいと思います。

時間停止能力を活用すればさっさとクリアできると思われるのですが、初回のプレイでは基本的に時間を止めて敵を倒すということはせずに進めました。
初期段階でうっかり最強敵のサキュバスの館に迷い込んでしまって戦闘に敗れ、その後二度も再戦する度に返り討ちにあう目にあったせいでもあります。意地でも戦闘で倒したくなりました。
だいたいレベル50まであげ、強化アイテムで攻撃力をかなりあげた状態で攻めかかる形になりました。攻略にあたってはルツックさんのアドバイスを受けました。

イメージ32195

この位置にいるゾンビが、レベル上げ+お金稼ぎには最適のように思います。シンボルエンカウントなので、撃破した後、上の古城か左の休憩所にいったん入ってすぐマップに戻ればすぐ再戦できるのも好都合です。

本作の魅力はいくつもありますが、一つには、時間停止をまったく使わなくてもゲームの本筋には影響しないということが挙げられると思います。
TimeKeeperにせよ拙作にせよ、時間停止という題材が全面に押し出されて(当たり前といえば当たり前ですが)、攻略の鍵にもなっています。
その点、ストップファンタジーは違ったアプローチをしていると思います。

時間停止能力がまったく存在していないかのような世界観だからこそ時間停止が映える、という感覚は、時間停止好きの方にはご理解いただけるのではないかと。

仲間に加えられるキャラが何人か用意されているのですが、これもTimeKeeperのような一人旅や、拙作のように人形化した無言のキャラクターとは違ってボス戦前後で話しかけてくれるのが、感情移入に一役かっていると思います。

わたしはアーチャーのエルローネ、魔法剣士のリナルリア、賢者のメルニャの三人がほぼ固定メンバーでした。宝箱の鍵を開ける際にシーフのナタリアを同行したのが例外でしょうか。
男性キャラもいるのですが、仲間に入れる気がしませんでした。でも、きちんと用意してくれていることがありがたいと思います。

メルニャ

ファンアートというのは今までほとんどやったことがなかったのですが、メルニャがたいへん可愛かったので描いてみました。
服の模様をかなり省略してしまってます。

目の感じがあんまり似てませんが、わたしの脳内ではこんな感じに変換されているということで、どうか一つ。

ちなみに実際の3Dモデルをみながら描いていて思ったのですが、この3Dモデルは胸の位置が下過ぎるような気がします。
かねてから、このモデルは妙にクセがあるなあと漠然と思っていたので、今回参考にして絵を描いてみて一つ発見した気分です。

システム上、パーティにいれている仲間は時間停止をしても抱けないので、賞金首モンスターを狩るごとに慰労会よろしく宿屋で回復した後、ギルドでいったんパーティを解散してはたぎる血を鎮めるため?にパーティのメンバーをひととおり抱いていく、というのを繰り返していました。
意味のない自己満足ではありますが、そういうごっこ遊びが出来るのも本作のいいところだと思います。

欲を言ってしまうと、一つはモデルの都合上だとは思いますが、脚フェチ気味の自分としてはガーターベルトやニーソックスのキャラがほとんどいなかったのが残念というもの。
もう一つは、ルツックさんが開祖といってもよい「リピート」の要素が今回はなかったことでしょうか。特に仲間にしたキャラクターには今まで以上の感情移入をしながらプレイしていたので、自己紹介とかのリピート状態で抱きたかったなあ、というのがあります。

年内完結は難しい

随分と放置状態になってしまって申し訳ありません。
拙作のケリをつけねばと思っているのですが、時間停止(イベント絵)が絡んだ更新内容でないと、どうもモチベーションがあがらないので困ったものです。
振り返ってみれば、新システムは導入したものの、随分と長い間新マップも出さないままでしたから、このままエター化してもあんまり代わり映えしない気もしますね。

加えて、休日の巡り合わせが今年はいろいろとよくなくて、うまく時間がとれないままずるずると来てしまいました。
特に12月24日、25日とか、一年でいちばん二次エロに関することをやりたくない時期ですしw!

どちらにしろ、目新しいことのたいしてないまま店じまいという形になりますので、あまり期待せずにいただければ幸いです。

復旧ならず

修理に出していたハードディスクですが、本日戻って参りました。10万円近くかかってしまいましたが……。
ファイルそのものは結構残っているようにみえたのですが、残念ながら開こうとすると破損していて使えないファイルばかりでした。

「お嬢様」の口を使うイベント絵も、虚ろ目差分とか精液とかのごく一部が生き残っていましたが、元データのSAIファイルも破損していて開けず。
魔術教官のバニー絵もダメでした。最近さわっていたファイルほど破損している率が高いという残念な結果に終わりました。

望みが断たれてしまいましたので、追加イベント絵は後日まわしにして、エンディングを作る作業に取りかかりたいと思います。

ツクールの再インストールは不要でしたが、最新の作成中のデータも死んでいたので、自分でupしていた直近のデータをダウンロードしなおすところからはじめないといけません。

落としどころに向けて

未だに最終的な見積もりが出てこないこともあって決め切れてない部分もあるのですが、いちおうご連絡まで。

拙作「時の箱庭」につきましては、先日よりご連絡しておりますとおり、制作中のマップデータおよび今後の着せ替え差分作成の元データ等が破損してしまい、復旧が可能か不明の状況です。
ただし、これまでアップしてきたデータを使えば、最新バージョンの時点からの開発には支障ないと思われます。

そこで、エンディングにつながる最終イベントを作成して、ゲームとしての体裁をとりあえず確立させることを第一の目標とします。
今後、着せ替え差分やイベント絵などは追加される可能性もありますが、新キャラや新マップ、あるいは舞踏会等の新規イベントについては、残念ですが開発を放棄するものとします。
楽しみにしていただいた方には大変申し訳ない事態となってしまい、深くお詫びいたします。

もう長い間、新マップも新キャラも出てなかったので、そろそろ潮時と言えるかも知れません。

ストーリー展開的にも、お話らしいお話はなかったものの、いくつかの事件を解決して国王と姫の信頼も得て、一区切りには頃合いのところまで進んでます。
その気になりさえすれば、あとはラスボスなりを登場させるだけで、それなりのケリをつけられそうな気もしてきます。

ただ、エンディングを作るといっても、これまでほとんど考えてこなかったので、どういう形にするかはまったく決まっていません。
キャラごとのマルチエンディングとかに出来たらいいなあ、とか無謀なことも考えてしまいますが、あまりそこに力を入れても仕方ないかな、という気もしています。
エンディングはあっても、そこに向かうのが目的のゲームではないので。どういう形にしようかな……。

***

一端区切りをつけることに思い至ったのは、もちろんデータ破損が一番の原因ではありますが、実際のところ、以前からいろいろと現状の体制に無理を感じていました。

元々、モブに悪戯するということを考えてフォーマットを作ったので、「全ての女性キャラに同じ悪戯ができる」ことを命題としていました。

着せ替え差分の数で差はついていましたが、いちおう平等な扱いは達成できていたとは思います。

ただ、キャラが36名までふえてしまうと、何かあたらしい要素を導入するのにも一苦労になってしまいました。
いつまで古いツクールで作り続けられるのか、という問題もありましたし。

現状、「時間停止してやりたいことならなんでもできる」にはほど遠いのが現状です。
定番の領域になっている「時間停止解除後、快感が一気に襲ってくる」みたいな表現や、いつの間にか精液に汚されているのに気づいて驚く、みたいなのは、長年の懸案としながら実装できないまま時間ばかりたってしまい、悩みの種となっていました。

データ破損で随分落ち込みましたが、仕切り直しにはまたとない機会ではないだろうか、と思い始めているところです。
最新のツクールで、キャラ数は最初の段階では最小限に絞って、その分いろんな悪戯ができるような、そんな新バージョンを夢想しているところです。
ただ、そのためには現シリーズの区切りをつけなければいけません。できれば年内には「エンディングのみられる」ゲームにしたいと考えています。

そういえば、ツクールのエンディングってどうやってつくるんだろ。これだけ長い間ツクールをさわり倒しておきながら、エンディングは作ったことがないので、どうやったらスタッフロール後にタイトルに戻るのか判らないというw

音沙汰なし

前回、HDD破損の連絡以降、更新せずに申し訳ありません。
データ復旧できないものかと考え、修理業者に出して、その結果をみてから報告しようと思っていたところ、思いのほか見積もりが出てくるまで時間がかかってしまいました。

結論からいうと、物理破損のため本格的な復旧には60万円以上が必要になるとのこと。
しかも、破損しているデータもあるので、それだけお金をつぎ込んでも、完全復旧は出来なさそう。肝心のデータが逝っている可能性もあります。

いくらお金で買えない価値がある数々のデータが詰まっているとはいえ、二の足を踏む金額です。

逆に、金さえ積めばなんとかならんこともない、というのが却って理不尽に感じますね。同じ容量の新品HDDドライブが何台買える値段なのやら。
ハードディスクを作っているメーカーには、絶対に壊れないハードディスクを作れとは言わないですが、万が一があるからこそ、障害発生時のリカバリ体制をきちんとつくっておくべきだと強く思います。

悲しいお知らせ

数日前、拙作の作業中にパソコンの挙動が重くなり、ブラウザをみながらでしたのでネット回線の不調かと思っている間に、作業用データのあるハードディスクが破損して読み取れなくなってしまいました。

拙作の画像データおよびツクールのデータも、そのハードディスク内にあったため、バージョンアップの見通しが立たなくなりました。

新マップや、お嬢様の口を使うイベントデータ、カイロス冒険記用のメイド、冒険者、ドラゴンのイベント絵、そして長年準備を進めてきた舞踏会用の着せ替えデータなどが消えてしまいました。着せ替えデータはバックアップが多少残っていると思いますが、この連休にあわせて、ちょっと頑張って増やしていたところだけにショックが大きいです。

外付けのハードディスクが3つありまして、いちばん中心として働いていて、これまで不調を感じさせなかったものがいきなり潰れてしまい、動揺を隠せないでいるところです。
この数日、復旧を試みていましたが、どうにもならずお知らせする次第です。

あまり新要素がなくてもこまめにバージョンアップしていて、まだマシだったのかな、と思うしかないですね。
ただ、お嬢様のイベント絵はツクール内のセッティングまで終わっていたのが惜しまれます。これだけでもあげておけば良かった・・・。

同じ作業を二度やるぐらいなら、いっそ一から出直したほうがいいのかな、と思ったりしているところです。結論はすぐには出せないと思いますが。

とりいそぎお知らせまで。バックアップは大事ですね。わかっていても何回も痛い目にあっているのですが。

シチュエーションに思うこと

拙作のイベント用に、「お嬢様」の口を使うイベント絵を描いてるところですが、久しぶりに描くとどうも顔が似なくて困りますね。
口を大きく開ける絵なので、顔のパーツの配置が立ち絵からズレるのが原因かも知れません。

着せ替えに傾きすぎていた面もありますので、抱きイベント関係も増やしていきたいところです。

***

それはさておき、時間停止AVで、風呂での時間停止シチュエーションは割と多いのですが、なぜか「おおっ」と思わないのか自分でも謎です。
普段は男が入れないような場所に堂々と入り込んで、裸体を晒す複数の女性を前に好き勝手できる、というシチュエーションそのものはまさしく時間停止ネタにふさわしいような気もするのですが、実際には最初からずっと裸だとつまんねーな、ぐらいの印象になってしまいます。
このあたりの心理は、判ってるようで判っていない面があるように思います。

拙作では時間停止のタイミングによってシチュエーションが変わる、といったことが演出できない弱みはありますが、「こういう場面で時間を止めて悪戯したい」というシチュエーションを発掘していくのも大事なのかもしれませんね。

そもそも家屋のマップに、風呂もなければトイレもないのでシチュエーションを作りようがないというのもありますが。

ディスインフォメーション

前の記事に書いた「催眠委員長」に関してですが、調べてみたところ、サイトのサンプルにある座り開脚の絵に関しては、「無表情でバイブを入れた状態で開脚している」という組み合わせがないだけで、バイブのない(モザイクがでかくてよくわからない)差分自体はあるそうです。

該当のCGそのものがないと思いこんで購入意欲が一気にしぼんでましたが、そう聞くと捨てたものでもないかも、とか思い始める次第です。いずれにせよ、時間停止とは関係ない話ですが……。

それにしても、少し前の記事にあげた「卵子ゲッター~」のように、2ちゃんねるに出たわずかな情報だけを鵜呑みにして判断はいけないと思っていたのに、こういう形であっさり振り回されてしまったことに、反省というか、人の心の弱さというか、なんともいえない申し訳なさを感じます。

わかる

2ちゃんねるのエロゲー板を数ヶ月ぶりに見てみたら、延々延期になっていた「催眠委員長」が発売になったとか。
そういやサンプルでみた、無表情で椅子に座って股を広げてる(パンツの中にはバイブ?)絵がちょっと時間停止っぽくて気になってたんだよなー、と思って書き込みを読んだら、肝心のそのシーンがゲーム上では実装されてないらしいですね。

残念だなー、と思うと同時に、あのサンプルに惹かれてた人が結構多いことを知り、不謹慎ながら「俺の感性も捨てたもんじゃないな」とか思ったりしています。

でも、あのシーンは絶対外せないですよね!?
拙作でも「重戦士」が開脚時に似たようなアングルになりますが、あの椅子に座っての開脚ポーズはなぜか凡百のエロポーズよりもエロくみえます。

同時期の「報復催眠」も、サンプル絵にある無表情バニー絵がゲーム中に存在しないとかいう話題もあって、無表情でヤラれてるシーンとか、無表情で開脚してるシーンとかが好きな人は多いんだな、と変なところで勇気が出てきます。

時間停止ゲームでは「無表情」「椅子に座った状態の開脚」とかのシチュエーションにこだわってもらいたいところです。
でも、商業ベースではそういうことはなかなか出来ないのかも知れないですね。

 | HOME |  »

 

プロフィール

鳥

Author:鳥
ただひたすら
「時間が止まった世界」を、
小説・CGその他で描く
漂流ホームページ
のブログです。
RPGツクールで「時の箱庭」作成中。
ヒント集は「こちら」。
画像貼り付けは「漂流簡易掲示板」にて。


無料カウンター

FC2投票

無料アクセス解析

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。