FC2ブログ

漂流ブログ

「時間停止(タイムストップ)」を題材とした 小説・イラスト・漫画・ゲーム等の創作物に関する ブログ。

2007-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラステーブルも買ってきた

これはペン型マウスよりも思ったよりやすかったので比較的即決。
ペン型マウス一つでこのテーブルが三つは買える、というのが
なんともやるせない話だが、あまり気にしないでおこう。

ライトをつけてみた感じもまず問題なさそう。あとは絵を描こうという
意欲のほうを待つばかり。

しかし、ただでさえ狭い部屋がなおさら狭くなったわけで、根本的に
部屋の整頓を考えなければならない状態に。

あとはモニターか。しかし、こればかりは即決するのも難しい。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

ペン型マウス

前々から気になっていたペン型マウスを買ってきました。
ペンタブのときもそうでしたが、こういうのは実際に使ってみないと
判らない部分が多いので、ともかく買ってみるしかないわけです。

値段が一エロゲ分ぐらいしたのは少々誤算でしたが。
いまのところ、ペンタブよりは違和感はすくないのですが、
これで絵をダイレクトに画面上で描けるか、と聞かれるとかなり微妙。

普通のマウスとして使うにも、ホイールがないのがこんなに不便だとは、
とあらためて驚いたりするほどで、どうもいまひとつ。

アプリケーションのせいなのか慣れのせいなのかは判りませんが、
なかなかイメージ通りにはいきません。
まあとりあえず使ってみましょう。

次に欲しいのが、板が透明なちゃぶ台。下からライトをつけてそのまま
トレス台の代わりにできそうなので。

プロの御業

ミグさんの「入れ替え魂」にて、時間停止ネタのある同人作品の
DL販売が告知されています。

時間停止メインでないのは致し方のないところ。
ともあれ、数少ない時間停止を取り扱った作品ですので、
期待が高まります。挿し絵がプロの仕事なわけですし。

それなんてエロゲの絵?

すっかりアイデアが切れてしまった状態。

何を描いたらいいんだろう、というところで、
時間停止つっても、結局のところはHシーンならなんでもいいんじゃね?
的な考えに基づき、二次画像掲示板で使える構図がないかとうろうろ。

セックスシーンの絵を拾ってくるぐらい実に簡単なので、思えば恐ろしい
時代になったもんだと思います。

しかし案外と、これだ、という構図を見つけることができずじまい。
今日は一枚も描けませんでした。
やっぱり平然としている図自体が少ないし、腕や顔の向き一つとっても、
表情というか感情を伝える手段として機能していることが改めて
判りました。

考えてみれば、時間停止というのはそういう本来あるべき自然な反応を消して、
構図を崩して「不自然な絵」を作る行為に他ならないわけで、単純に
参考にしようとしても一筋縄ではいかないのも当然かもしれないですね。

いやまあ、実際のところは、元にする絵から自分の描き起こす絵の劣化
ぶりにがっかりして手が進まない、という部分も大きいです。

そういやアレはどうなったんだ?

と思っておられる方もいるかもしれないゲーム作りの話。

基本的に表に出ていない部分でなにか進展しているということは
ありませんので、何も出ていないということは何も動いていない
と認識していただいて結構です。

言い訳の種は山ほどありますが、言っても始まらないですね。
本当に申し訳ないです。

本当にやりたいと思っていることなら、どんな障害があっても
ぶっ飛ばしてやってるはずですので、現状のぬるい更新状況を
一時的に停止してまで、ゲームづくりに労力を割くだけの価値を
見いだせない、というのが本音ですね。

全般的に停滞気味なので、なんか新しいことをやらないとダメだな、
という思いはあるんですけどね、なかなか……。

脚線美の追求

070719-02.jpg


レースクイーンというのは最近こういうハイレグなのは流行では
ないような気もしますが。

目の前にいるのに手が届かない、そんな相手を時間を止めて思う存分
公衆の面前で……、
という妄想にかけては、かなりポイントの高い存在です。

ただ、すでに、幸田さちお「サーキットの娘」というすばらしい
作品があるので、同じ題材ではちょっと挑戦しづらいなあ、という
部分もあります。

あと、パラソルが非常に難しい。上の部分を切ってごまかしました。

合体技

顔だけ別に描き、先に描いた身体と合体させるという方法をとってみる。

070715b.jpg


線の太さに違和感が出なかったのは運が良かっただけのような気もする。

頭の大きさの対比としては本来これくらいだった。

070719-01.jpg

目のハイライトが崩れ気味なのが痛いけれど、わりとまとまったほうでは
ないだろうか。

どうしても脳内でイメージしようとすると、「ハイスクール奇面組」
を思い出してしまう顎のラインに時代を感じる。

良質の資料が案外とネット上で見つけられず、二次創作作品を
元にした、いわば三次創作として描いていたりする。古い作品だと
こういうパターンが増えるのかも知れない。マイナーではないと
思うのだけれど。

来し方を思う

kitaさんのサイトが昨日15日付けで縮小となりました。
当ホームページの開設当初よりなにかとお世話になっていたので、
こういう形になってしまったのは、理由はどうあれ残念という思いが
まず最初に浮かびます。

わたしが当ホームページを開設して一ヶ月ほど、熱気が空回りしまくっていた
時にメールをいただいて、本当に嬉しかったものです。

もちろん、kitaさんの決断について、なんら非難するつもりはありません。実生活での環境の変化があれば、ネット上での活動も当然影響を受けますから。

ただ、はざまさんのサイトが消失してしまった時もそうなんですが、
掲示板に書き込みがあった情報について、データベースの取りこぼしが
結構出てしまった状況のままになっていて、それをどう補完できるのか
が結構心配です。

それにしても、引き留めることはできないと判っている一方、
引き留める声もたいしてあがらないまま、何事もなかったかのように
状況が流れていくのを見ているしかないというのは、ある意味そちらのほうが残念だったような気もします。

まあ、まったくえらそうなことは言えない立場ですが。

定期的に出るNE

070708-01.jpg


演出としては、多人数が止まっていて、そのうちの一人に手をかけて
いるというシチュエーションを見せるのが効果的ということは
判っているつもりです。
が、実際のところ、一つの絵にたいして集中力が続かない身のせいか、
一人描いたところであとは脳内補完だけで満足してしまって終わって
しまう場合がほとんどです。

今回のは、なんとなく「またこのパターンか」と自分で思ってしまった
ので、中途で止まっていたものを引っぱり出してきました。
部屋の中の様子がかいま見える絵にするつもりだったのですが、
力つきてしまいました。

描く枚数を半分にしてでも、一枚あたりの絵に対する労力を増やす
べきなので、そのあたりの意識改革も必要。もちろん、さらに荒く
なってしまっては本末転倒ですけど。

フィギュアヘッド2

切れ長の目、というのがうまくできません。
どうしても丸めてしまうので、凛とした雰囲気にならないわけです。

070714.jpg



また、描き方本を引っぱり出して練習し直したいと思います。

それはそうと、モニタの具合が今ひとつ良くない状態なので、
そろそろ買い換え時かも。色がにじむ感じで目にも悪いです。

設定をいじれば何とかなるのかも知れませんが、10年落ちの
CRTモニタが机の上で場所をとって仕方ないので、良い機会
なのかもしれません。

本体を買い換えたばかりなのでモニタの出費はちと痛いですが。

フィギュアヘッド

なんだかあんまり意味のないタイトルですみません。
絵を描きながらこのタイトルしか思い浮かばなかったもので。

さて、元ネタがある顔を描こうとすると、必然的に
これまで、なんとなく描いていたどこの誰ともつかぬ顔よりも
丁寧に取り組む必要があります。

だからといって完成度が高くなるかといえばそうでもなく。

070713-01.jpg


真面目にやってるんですけどねえ。
なんでこんなにだまし絵のような妙な顔になってしまうのか(とくに下)。
時間を止めて歪めてるわけではありません。

似ている似ていない以前の問題です。
修正しようとすればするほどおかしくなっていくから困る。

いわゆる「デッサンが狂っている」からに他ならないわけですが、
一番問題なのは、おかしいことは充分自覚していながら、どこが
具体的にミスしている箇所なのかが自己分析できないこと。

このあたりを乗り越えられれば、同じ顔が二度と描けない、という
致命的な弱点を克服できるきっかけになるんだと思うんですが。

人間ボウリング

正確にはボウリングのピン、ですね。

横を向いている絵なら90度回転させるだけで横倒しの図に
なるんじゃね? ということで描いてみました。

というか入院前に描いていたのを引っぱり出してきて塗り直しした
ものですけども。

20070712064858.jpg


勢い余ってひっくり返しすぎたかもしれない。
イメージの中ではこれくらいしたほうが雰囲気が出ると思ったのだけど、
描いてみるとそうでもない。このパターンが多いですね。

接地部分の問題があるから、単純にひっくり返せば良いというものでも
ないということが判りました。
まあ、宙に浮いているというのならそれもありかとは思いますが。

仰向けのほうがいいのか、うつぶせのほうがいいのか。

 | HOME |  »

 

プロフィール

鳥

Author:鳥
ただひたすら
「時間が止まった世界」を、
小説・CGその他で描く
漂流ホームページ
のブログです。
RPGツクールで「時の箱庭」作成中。
ヒント集は「こちら」。
画像貼り付けは「漂流簡易掲示板」にて。


無料カウンター

FC2投票

無料アクセス解析

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。